【2018年2月20日】強制学級閉鎖を経て、インフルエンザ患者は減少傾向に | 香港の日本人経営の病院・クリニックはDYM ヘルスケア -太古・尖沙咀(九龍)-

ご来院前に電話かLINE、Whatappにてご予約を頂けますとスムーズです。 太古院
TEL: +852 2651 2121(日本語対応)
LINE ID: dymhongkong

尖沙咀院
TEL: +852 9728 2521(日本語対応)
LINE ID: @dym.tst

【2018年2月20日】強制学級閉鎖を経て、インフルエンザ患者は減少傾向に

香港政府により幼稚園、小学校が前倒しで春節休みに入った影響もあり、一時に比べインフルエンザ関連のニュースが減ったように感じますが、依然として流行状況が気になる人も多いのではないでしょうか。こちらでは先月のメルマガに引き続き、香港保健省がインフルエンザの報告状況を定点観測した、FLU EXPRESSのデータを元に、香港国内のインフルエンザの流行状況の推移をみていきます。

直近の2月21日に発表された2018年第7週のFLU EXPRESSによると、2018年2月11日~17日に、公共医療機関の外来クリニックでは、1,000件の診療のうち、7.3件(前週8.9件)でインフルエンザや類似する疾患が確認され、一般開業医では1,000件の診療のうち、36.4件(前週71.3件)で同様の疾患が確認されました。それぞれ第6週に記録された 件数を大幅に下回り、減少傾向にありました。

下記の参照データのURL内、1ページ目の最下部のグラフをご覧になっていただくと分かりやすいですが、香港でのインフルエンザの流行時期は毎年大きく異なります。2014年は年間を通じて大きな流行は見られず、2015年は2月4週頃、2016年は3月2週~3週にかけて、2017年は7月の3週~4週にかけて年間で最大の流行が見られました。

当メルマガでは定期的にFLU EXPRESSの情報を追いかけ、大きな動きが見られた際には
こちらで情報発信してまいります。

(参照データ)
-FLU EXPRESS(VOLUME 15, NUMBER 07 (PUBLISHED ON Feb 22, 2018) )
https://www.chp.gov.hk/files/pdf/fluexpress_week07_22_02_2018_eng.pdf

診療案内

診療時間

■太古院
月 09:00-13:00,15:00-18:30
火 09:00-13:00,15:00-18:30
水 09:00-13:00
木 09:00-13:00,15:00-18:30
金 09:00-13:00,15:00-18:30
土 09:00-13:00
※休診:日曜、祝祭日

■尖沙咀院
月 10:00-13:00,15:00-18:00
火 10:00-13:00,15:00-18:00
水 10:00-13:00,15:00-18:00
木 10:00-13:00,15:00-18:00
金 10:00-13:00,15:00-18:00
※休診:土曜、日曜、祝祭日

お問い合わせ

■太古院
(TEL)2651-2121
(LINE)@819xihet

■尖沙咀院
(TEL)9728-2521
(LINE)@dym.tst

※いずれも日本語対応です
※お急ぎの場合はお電話ください