B型肝炎ワクチン | 香港の日本人経営の病院・クリニックはDYM ヘルスケア -太古・尖沙咀(九龍)-

ご来院前に電話かLINE、Whatappにてご予約を頂けますとスムーズです。 太古院
TEL: +852 2651 2121(日本語対応)
LINE ID: dymhongkong

尖沙咀院
TEL: +852 9728 2521(日本語対応)
LINE ID: @dym.tst

B型肝炎

・B型肝炎は急性肝炎を引き起こすウイルス性肝炎の一種です。肝硬変や肝臓がんなどの慢性的な肝臓病に至ることもあります。
・潜伏期間は6週間から6か月です。
・感染成人の5%から10%及び感染乳児の70%から90%がウイルスを完全に除去することができずに慢性B型肝炎患者となり、他人に対するウイルスの感染源にもなります。

B型肝炎の流行状況

B型肝炎の感染は世界のいたるところでみられます。世界で20億人以上の人が感染したことがあるといわれ、そのうち3億5000万人が慢性肝炎感染者です。B型肝炎は東南アジア諸国で蔓延しています。香港でのB型肝炎の感染率は標準的です。

B型肝炎の感染経路

B型肝炎は、血液、羊水、精液、膣分泌液などの感染者の体液中に存在します。

■感染経路
  1. 母子感染
    慢性B型感染者の母親は、一般的に分娩中や出産後すぐにウイルスを嬰児に感染させることが多く、その確率は90%にも及びます。香港や中国などの高度流行地域では、感染経路のうち最も多くを占めるのがこの母子感染です。
  2. 血液感染
    ・皮膚の切り傷や擦り傷、目や口などの粘膜が感染者の血液や体液に偶然接触した場合
    ・薬物注射器具を他人と共用した場合
    ・ピアスの穴あけ、刺青、鍼灸などに汚染された道具を使った場合
    ・カミソリ、シェーバー、爪切りなど皮膚を傷つけやすい道具を共用した場合
  3. 性的感染
    安全措置なしに感染者と性交渉を持った場合。

B型肝炎の予防法

B型肝炎は血液感染病の一種ですから、予防法は他の血液媒介感染病と同じです。
  1. 傷口を注意深く取り扱い、しっかり包帯をする。
  2. 血液または体液がついた物品を処理する際は、手袋をはめ、家庭用漂白剤で消毒する。血液で家具などの物品が汚れた場合、吸水力の高い使い捨ての素材で清掃し、その後家庭用漂白剤を4倍の水で薄めた希釈液で消毒する。10分後に水で洗浄する。血液が付いた衣類は、家庭用漂白剤を49倍の水で薄めた希釈液に30分間浸け、その後通常の方法で洗濯する。体液で家具などの物品が汚れた場合、吸水力の高い使い捨ての素材で清掃し、その後家庭用漂白剤を49倍の水で薄めた希釈水で消毒する。10分後に水で洗浄する。
  3. 剃刀、歯ブラシ、爪切りなど皮膚を傷つけやすい道具を他人と共用しないこと。また、薬物の注射器、注射針などを他人と共用しないこと。
  4. 刺青、鍼灸、眉毛の入れ墨、ホクロとりなどの施術は避ける。必要な場合は、できる限り使い捨て器具を使用するか徹底的に器具の消毒を行うこと。
  5. 性的パートナーの数を減らすこと。性交を安全に行い、コンドームを正確に装着すること。性的パートナーが感染者であることが分かったら、早急にB型感染ワクチンを受けること。

B型肝炎予防法―ワクチン接種

・B型肝炎予防に最も効果的なのはワクチン接種です。
・B型肝炎ワクチンは、全三回の接種が必要です。第一回目の接種から1か月の期間をあけて第二回目の接種を受けます。第三回目の接種は第二回目接種の5か月後です。
・三回の接種後、約90%から95%の人にB型肝炎の免疫ができ、その抗体は一生有効です。
・B型肝炎ワクチンを接種する前に、まず血液検査をすることがおすすめです。ワクチンの接種が必要なのはB型肝炎にかかったことのない方だけです。

B型肝炎ワクチン接種の対象者

ワクチン接種が特に必要なのは以下の方々です。
・新生児
・感染者の家族および性的パートナー
・薬物注射をする方
・血液または血液製剤に恒常的に接触する方
・人工透析を受けられる方
・仕事上、病人の血液や体液との接触が必要な医療従事者

慢性B型肝炎の治療

・医師の判断により、肝機能検査、αフェトプロテイン検査、ウイルスの血中レベル検査、肝臓の超音波診断などの検査を行うことがあります。これらの検査結果をもとに、抗ウイルス薬の使用などの治療方針が決まります。
・抗ウイルス薬は、肝炎ウイルスの増殖を抑制することにより、ウイルスに起因する肝臓へのダメージを減らします。主要抗ウイルス薬としてentecavirやtenofovirが挙げられます。これらの薬の適性については、かかりつけの医師に相談してください。
・慢性B型肝炎患者にステロイド薬の高用量や化学療法など免疫抑制治療が必要かどうかの判断は、かかりつけの医師が患者の病状を考慮して行います。

▼参照URL
http://www.info.gov.hk/hepatitis/english/hep_a_set.htm
(香港衛生省のホームページより)

予防接種

診療時間

■太古院
月 09:00-13:00,15:00-19:00
火 09:00-13:00,15:00-19:00
水 09:00-13:00
木 09:00-13:00,15:00-19:00
木 09:00-13:00,15:00-19:00
土 09:00-13:00
※休診:日曜、祝祭日

■尖沙咀院
月 10:00-13:00,15:00-18:00
火 10:00-13:00,15:00-18:00
水 10:00-13:00,15:00-18:00
木 10:00-13:00,15:00-18:00
木 10:00-13:00,15:00-18:00
※休診:土曜、日曜、祝祭日

お問い合わせ

■太古院
(TEL)2651-2121
(LINE)dymhongkong

■尖沙咀院
(TEL)9728-2521
(LINE)@dym.tst

※いずれも日本語対応です
※お急ぎの場合はお電話ください